高田新舞八調子   十二神祇舞   山県旧舞六調子


悪狐伝
滝夜叉姫
矢上姫
紅葉狩
羅生門
大江山
戻橋
山姥
日本武尊
頼政
安達原
 ◇ 悪孤伝
    〜登場人物〜
   勘介(かんすけ)
   源介(げんすけ)
   珍斉(ちんさい)
   三浦介(みうらのすけ)
   上総介(かずさのすけ)
   玉藻前(たまものまえ)
   狐(きつね)

 平安時代中頃、中国より渡ってきた金毛九尾の狐は、玉藻前と姿を変え鳥羽の院に仕え、
 王位を倒し国を滅ぼそうとしたが、
 陰陽師安部清明播磨守安親(おんみょうじあべのせいめいはりまのかみやすちか)に正体を見破られ、
 下野(しもつけ)の国 那須野が原に逃れた。
 里塚に隠れた金毛九尾の狐は、姿を変えては悪行を重ね、人々を悩ませた。
 後に、勅命を受けた 三浦介・上総介の弓引きの名人によって成敗されるという物語。
▲ページTOPへ▲


 ◇ 滝夜叉姫
    〜登場人物〜
   滝夜叉姫 (たきやしゃひめ)
   大宅中将光圀 (おおやのちゅうじょうみつくに)
   下田義近 (しもだよしちか)
   夜叉丸 (やしゃまる)
   蜘蛛丸 (くもまる)


 平安末期、下総の国で朝命に逆らい、自らを親王と名乗っていた平将門は、
 朝廷の命を請けたいとこの平貞盛と藤原秀郷(俵藤太)のために敢えなき最期を遂げてしまう(天慶の乱)。
 父の意志を継ぎ恨みを晴らそうとした娘の五月姫は、
 京都の鞍馬にある貴船神社に祈願をし妖術を授かった。
 自らを滝夜叉姫と名乗り、下総の相馬の城に帰り、朝命に背き天下に災いをなした。

 そこで朝廷の命を請けた大宅中将光圀が、陰陽の霊術をもってめでたく成敗するという物語。
▲ページTOPへ▲


 ◇ 矢上姫
    〜登場人物〜
   大国主尊 (おおくにぬしのみこと)
   少彦名尊 (すくなひこなのみこと)
   矢上姫 (やがみひめ)
   武彦 (たけひこ)
   乙彦 (おとひこ)
   獅子彦 (ししひこ)
   龍彦 (たつひこ)

 旧舞の演目「大国主尊」「八十神(やそがみ)」を、古事記をもとに独自の解釈でアレンジし、
 平成七年に新舞の演目「矢上姫」として発表した創作神楽。
 八十神兄弟(大国主尊の継兄弟)の武彦・乙彦達は、因幡の国の矢上姫という美女を得ようと
 互いに争うように姫のもとを訪ねたが、姫の心を得たのは末弟の大国主尊であった。
 この事を姫に告げられ激怒した武彦達は悪鬼神となり、数々の謀を企て大国主尊の命を奪い取ろうとする。

 その後、大国主尊は根国の素戔鳴尊(すさのおのみこと)のもとに逃れ生太刀を授かり、
 八十神兄弟を滅ぼしめでたく出雲の国を治めたという物語。
▲ページTOPへ▲


 ◇ 紅葉狩
    〜登場人物〜
  平 維茂 (たいらのこれもち)
  相良蔵人 (さがらのくろうど)
  更科姫 (さらしなひめ)
  松 姫 (まつひめ)
  雪 姫 (ゆきひめ)
  八幡大菩薩 (はちまんだいぼさつ)
  大 鬼
  鬼
  鬼


 奥州会津の生まれで、大自在天魔王(だいじざいてんまおう)の血を受け継ぐ更科姫は、都に出て
 源家を滅ぼし魔国にしようとしたが、陰陽師に正体を見破られ信州戸隠山へと追いやられてしまう。
 奥山に住みつき庶民に災いを為した事が都へ聞こえ、勅命を受けた平維茂主従は、道中紅葉狩を
 楽しみながら奥山へと向かう。
 維茂主従の動向を察知した
 更科姫は、麗しき女人に姿を変え
 山中で紅葉狩の酒宴をはり、
 維茂主従をその酒宴に誘い込み、
 酒に酔い伏した
 二人の命を狙おうとするが、
 八幡大菩薩が現れ
 二人の命を救い、女人の正体を告げ神剣を授ける。
 神剣を授かった維茂は、八幡の神の威徳をもってめでたく鬼女を成敗するという物語。
▲ページTOPへ▲


 ◇ 羅生門
    〜登場人物〜
   渡辺 綱 (わたなべのつな)
   占部末武 (うらべのすえたけ)
   酒天童子 (しゅてんどうじ)
   化身白妙 (けしんしらたえ)
   茨木童子 (いばらぎどうじ)


 源頼光(みなもとのらいこう)は、都・羅生門に現れる鬼人退治を渡辺綱、占部末武に命じ、
 四天王は激闘の末、茨木童子の左の腕を切り取り持ち帰る。
 一方、左の腕を切り取られた茨木童子は、
 綱の乳母・白妙と身を変え、綱の館へと出向き左の腕を取り返す。
 立ち向かった綱は水火の魔術をかけられるが、
 石清水の神のお告げによりかけつけた占部末武に助けられ童子と戦う。
 しかし、童子は虚空飛天の妖術を使い、丹波の国 大江山へと飛び去って行くという物語。
▲ページTOPへ▲


高田新舞八調子   十二神祇舞   山県旧舞六調子