十二神祇舞   山県旧舞六調子   高田新舞八調子


湯立舞
弓舞
長刀
恵比寿
五刀
社垂
猿田彦
御本社
荒神

 ◇ 恵比寿
 美保ノ関 美保神社の御祭神「恵比寿」
 (事代主神(ことしろぬしのかみ))の御神徳を称え
 漁業繁栄・海上安全・商売繁盛を
 祈願するために創られた神楽舞である。
 事代主神は、父(大国主尊)の政(まつりごと)を助ける傍ら、
 美保ノ崎に通い魚釣りをされた。
 釣り上げた魚は庶民のために商われ、
 漁業の道・商売の業を教えられたので、
 今日まで漁業者は漁業の神として漁恵比寿、
 商家は町恵比寿又は商い恵比寿と称えている。

▲ページTOPへ▲





 ◇ 社垂
   十二神祇の舞方の基本となる神楽。
   また、当神楽団で小学生の子供たちが取り組んできた最初の神楽。
▲ページTOPへ▲







十二神祇舞   山県旧舞六調子   高田新舞八調子