山県旧舞六調子   十二神祇舞   高田新舞八調子


四方祓
塵倫
鐘馗
八岐大蛇

 ◇ 四方祓
 神楽の奉納にあたり一番初めに舞う
 神楽で、神楽殿の四方を清め、
 舞殿に四方の神々の
 ご降臨(こうりん)を願う神楽舞で、
 神楽団員・一般観覧者も祓い清め、
 神楽舞を滞りなく繰り展げる
 最初の儀式舞。






▲ページTOPへ▲


 ◇ 塵倫


    〜登場人物〜
   中津彦(なかつひこ)
   高麻呂(たかまろ)
   塵倫(じんりん)



 第十四代仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の時代に、異国から日本征伐を企て、
 数万の軍兵が攻めてきたが、その中に塵倫といって身に翼があり、雲にのり虚空を自由に飛び廻る
 神通自在の代将軍がおり、 国々村里を荒らし、多くの人民を滅ぼしていた。
 そこで天皇は、天照大神(あまてらすおおみかみ)のご神徳と弓矢の威徳をもって、
 従者に高麻呂を従え塵倫に立ち向かった。
 激しい戦いのなか天皇の射た矢が
 塵倫に命中、雲の彼方へ落ちてゆき
 敵の兵は衰退していった。
 日ノ本の国の危機を救い、天下泰平、
 民安全の世を造りあげた
 仲哀天皇を讃える神楽である。
▲ページTOPへ▲





 ◇ 鐘馗


    〜登場人物〜
   鐘馗大神 (しょうきだいじん)
   鬼



 中国唐の時代、玄宗皇帝(げんそうこうてい)が 疫神のために悩んでいるのを聞いた
 鐘馗大神(素戔鳴尊(すさのおのみこと))が、その疫神を退治し皇帝を病から救うという物語。
 疫神は数多の眷属(けんぞく)を引き連れ、我が国へ襲来し四季の疫病神となり、
 老若男女を問わず人々を苦しめ魔国にしようとする。
 疫神の姿はその魔力のため凡人には見る事ができないが、
 これに立ち向かう鐘馗大神は茅(ち)の輪で疫神の姿をとらえ、奉剣(ほうけん)をもってめでたく退治する。
▲ページTOPへ▲





 ◇ 八岐大蛇
    〜登場人物〜
   素戔鳴尊 (すさのおのみこと)
   足名椎 (あしなずち)
   手名椎 (てなずち)
   七人目の姫
   奇稲田姫 (くしなだひめ)
   大蛇
   大蛇
   大蛇
   大蛇

 高天原(たかまがはら)を追われた
 素戔鳴尊は、出雲の国 簸(ひ)の川の
 川上で嘆き悲しむ
 足名椎・手名椎老夫妻と
 奇稲田姫に出会う。
 その訳を尋ねると、七年間に七人の姫を
 大蛇に取られ、一人残った奇稲田姫も
 今夜、大蛇に取られてしまうと言う。
 そこで素戔鳴尊は、大蛇の好むという酒を用意させ、酒樽の中に姫の姿を映し、大蛇に毒酒を飲ませ、
 酔いつぶれたところを十握(とつか)の剣で退治する。
 大蛇の尾の中から出てきた剣を「天の群雲の剣(あめのむらくものつるぎ)」と名付け、
 天照大神(あまてらすおおみかみ)に捧げ、めでたく奇稲田姫と結婚するという物語である。
▲ページTOPへ▲


山県旧舞六調子   十二神祇舞   高田新舞八調子